ヨガの水分補給には硬水が最適

こんにちは、奥伊勢屋です。

わたしたち健康食品奥伊勢屋は、三重県松阪市にある“奥伊勢”と呼ばれる、豊かな自然が残る地で生産された健康食品を全国にお届けしています。

このおくいせだよりでは健康に関する様々な情報を発信しています。

さて今日のテーマですが、数年前から世界的にヨガがブームとなっていることはご存知でしょうか。

2017年に発表された日本におけるヨガ人口はなんと770万人。毎年100万人のペースで増えていると言われています。

今回はそんなヨガ・運動に適した飲み物、 水分補給について調べてみました。

ヨガに最適な飲み物とは?

ヨガにも様々な種類がありますが日本において特にメジャーとなっている「ホットヨガ」など多量の汗をかくヨガにおいては水分補給が重要です。

多くの人は水(軟水)やスポーツドリンクで水分を摂ることが多いようですが、実はヨガの水分補給には「硬水」が最適なんです。なぜなら硬水には多くのミネラルが含まれており、汗や老廃物と一緒に流れ出てしまったミネラルを補給できるからです。

そもそも、なぜ水分補給が必要なのか?

ヨガのみならずスポーツなど身体を動かす際には水分補給が重要ということは当たり前のことですが、そもそもなぜ水分補給が重要なのでしょうか。

体重の半分以上が水

個人差はありますが、成人の場合水分が体重の約60%を占めています。この水分量は年齢を重ねるごとに減少し、新生児では70~80%だったものが高齢者では50%程度まで減少します。

だから赤ちゃんはみずみずしいピチピチのお肌なんですね~。加齢とともにシミやシワが増えるのも水分量が減っていくためだと考えられています。

寝ている間にも水分は放出されている

成人の場合、1日2L~2.5Lの水分を失っています。排便や排尿のみならず、呼吸や皮膚からも水分は放出されており睡眠時にも500ml~1000mlの水分が失われているのです。

何もしていなくても水分は放出されているということは、運動をするとさらに水分放出量は増えるというわけです。

水分が不足すると起こる身体への影響

体内における水分の役割は大きく分けて3つあります。

①酸素や栄養分を身体中に運ぶ
②老廃物を体外へ排出する
③皮膚への血液の循環を増やし、汗を出して体温を一定に保つ

身体の中で水分はこういった働きをしているため水分が不足すると様々な身体のトラブルを引き起こす原因となります。

人間は体内の2パーセントの水が不足しただけで脱水症状が始まり、8パーセント不足すると呼吸困難を起こします。さらに12パーセントの水が不足すると最悪の場合命を失うと言われています。

また身体の水分量が減ると動脈効果から起こる心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなり、命に関わる病気を招くこととなってしまいます。

そのため水分がより多く失われるヨガやスポーツをする際には水分の補給が重要となるのです。

汗や老廃物と共に失われる「ミネラル」

ミネラルはたんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素の1つ。「ミネラル」という言葉はよく耳にするかと思いますが、ミネラルは実際に体の中でどのような働きをしているのでしょうか。

ミネラルの特徴と働き

ミネラルは身体の調子を整えたり、身体の構成成分となります。ミネラルが不足すると身体が正常に機能しなくなり筋肉のつりや熱中症、脱水症状の危険性があります。

また逆に過剰に摂取しすぎても身体の不調や病気の原因となってしまいます。

ミネラルの種類

ミネラルは全部で約40種類あります。カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄などもミネラルのひとつ。特に日本人は慢性的なカルシウム不足と言われており、多くの人が1日の必要摂取量600mgに達していません。

ミネラルは体内では作られない

ミネラルは体内では合成できないため、食物から直接摂らなければなりません。また身体を動かすことで多量の汗をかくと、汗と一緒にミネラルが失われます。そのためヨガなど多量の汗をかく運動の際にはミネラルを補給する必要があるのです。

>> 「ミネラルの種類と働き」に関する記事はこちら

なぜ硬水が効果的なのか

それは硬水の成分にあります。硬水とは硬度が300mg以上の水のこと。この硬度とはカルシウムとマグネシウムの質量を表したものです。

硬水でミネラルを補給

硬水は軟水や水素水に比べカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富であるため、硬水を飲むことで汗や老廃物と共に失われたミネラルを補給することができるのです。

カルシウムは筋肉の収縮に不可欠な栄養素で、また血液の状態を整える働きがあるので代謝アップ効果も期待できます。またマグネシウムはこのカルシウムの働きを助けてくれます。

ヨガに適さない飲み物

お茶

お茶に含まれるカフェインには利尿作用があるため必要以上の水分を排出してしまう可能性があります。特に多量の汗をかくホットヨガの場合は脱水症状を起こしやすくなることがあるためお茶はヨガにはあまり適していません。

スポーツドリンク

スポーツドリンクは汗とともに身体から失われた水分やミネラルを効率よく補給する目的で飲まれることが多いのですが、実は多量に糖分が含まれています。多いもので糖質≒炭水化物が約30gも含まれており、500mlのペットボトルで角砂糖10個分もの糖分を摂取することになってしまいます(震)。

ヨガのダイエット効果を得たい場合にはスポーツドリンクはおすすめできません。

硬水で効率よくミネラル補給を!

水分補給とミネラル補給の重要度についてお分かりいただけたでしょうか。

硬水には腸内環境を整えて便秘解消の効果も期待できるためダイエット効果を高めたいという方にはなお硬水がおすすめです!

カルシウム水 命の硬水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です