ミネラルって、何?

こんにちは、奥伊勢屋です。

「ミネラル豊富」とか「ミネラル不足」という言葉、よく耳にしませんか?

最近では「ミネラルファンデーション」という化粧品もよく見かけます。

ミネラル、と一括りにしていますが実はミネラルには約40種類もあるんです。

今日は5大栄養素のひとつである「ミネラル」の働きについて調べてみました。

5大栄養素のひとつ、「ミネラル」

私たちが普段食べている食品に含まれる栄養素は、大きく5つに分類され、5大栄養素と呼ばれています。それぞれの栄養素が異なる働きをし、身体が機能しています。

わたしたちの身体の5%はミネラル

私たちの身体は体重の95%が4大元素である炭素、水素、窒素、酸素で構成されています。

そしての残りの約5%がミネラル(無機質)です。無機質とは生物由来でなく鉱物由来のもので、カロリーのないものを指します。

ミネラルはビタミンと同じように身体の調子を整える働きがありますが、ビタミンと異なるのは無機質であるという点と、身体の構成成分になる点です。

不足すると様々な欠乏症を引き起こし、逆に多量に摂取すると過剰症になる恐れもあり、健康維持のためには欠かせない栄養素です。

ミネラルの主な働き

ミネラルには大きく分けて2つの働きがあります。

1.身体の構成成分になる

骨や歯、血液、筋肉、神経、臓器などの構成成分になる

2. 身体の調子を整える

血液や体液のpHや浸透圧を正常に保って筋肉や神経に刺激を与え、生体機能を調整したり、エネルギーを作る酵素や体内の新陳代謝の働きを促進する酵素の成分となり、反応を助ける

わたしたちの身体に必要な16種類のミネラル

ミネラルは全部で約40種類あります。中でもカルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素の7種類は主要無機質、鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、セレン、マンガン、コバルト、モリブデン、クロムは微量ミネラルに分類されています。

ミネラルの種類と主な働きを一覧にしました。

種類主な働き多く含まれる食品主な欠乏症
カルシウム
(Ca)
歯や骨の形成
精神の安定
血液の凝固
牛乳、乳製品、小魚、青菜類、海藻など不整脈、骨粗しょう症、神経過敏
イライラ、筋肉の痙攣・つり
リン
(P)
歯や骨の形成
エネルギーの蓄積
細胞膜の形成
乳製品、ワカサギ、煮干し、加工食品など歯槽膿漏、骨が弱くなる、筋肉の動きが悪くなる
イオウ
(S)
皮膚・爪・髪の形成
身体の組織を構成するアミノ酸の合成
チーズ・卵など皮膚炎、爪がもろくなる
カリウム
(K)
血圧を正常に保つ
腎臓の老廃物の排泄
筋肉の動きを良くする
リンゴ、スイカ、干し柿、インゲン、納豆、枝豆など血圧の上昇、不整脈、心不全を起こしやすくなる、夏バテしやすくなる、食欲不振
ナトリウム
(Na)
カリウムとともに細胞の浸透圧を調整
神経に刺激を伝達
食塩、醤油、味噌、コンソメスープの素など脱水症状、血圧低下、腎臓が弱くなる、日射病
マグネシウム
(Mg)
精神の安定
体温や血圧の調整
心臓の筋肉の動きを良くする
カシューナッツ、アーモンド、大豆、落花生、納豆、海藻など不整脈、精神不安定、心臓発作を起こしやすくなる

(Fe)
成長促進
疲労を防ぐ
ヘモグロビンの成分となる
レバー、魚介類、ホウレンソウ、小松菜など貧血、集中力の低下、思考力の低下、肩・首筋が凝る
亜鉛
(Zn)
味覚・嗅覚を正常に保持
ビタミンCとともにコラーゲンを合成
性能力の維持
カキ、レバー、ホタテ、肉類、卵など味覚異常、情緒不安定、脱毛症
マンガン
(Mn)
骨の形成
疲労回復
玄米、大豆、アーモンドなど平衡感覚の低下、疲労しやすくなる
ヨウ素
(I)
成長促進
甲状腺ホルモンの成分
昆布、わかめ、海苔など甲状腺腫、疲労しやすくなる、機敏さがなくなる


特に日本人に不足しがちなのはカルシウムだと言われています。

大切なのはミネラルバランス

カルシウム・リンは共に私たちの身体に必要なミネラル成分ですが、スナック菓子などに多く含まれるリンを摂りすぎるとカルシウムの吸収率が悪くなるなど、特定のミネラルだけを過剰に摂取すると他のミネラルの吸収を妨げたり体外への排出を促進することがあります。

現代人は食生活の欧米化、インスタント食品・ファーストフードの増加によりミネラルが不足・偏りがちになってしまうため日々の食事に気を配り、バランスよくミネラルを摂取することが大切です。

カルシウム水 命の硬水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です