1日に飲むべき水の量

こんにちは、奥伊勢屋です。

みなさんは普段どれくらいの量の水を飲みますか?

水は沢山飲んだ方がよいというのはご存じかと思いますがいったいどれくらいの水を飲めばいいのでしょうか。

実は飲み物から摂取すべき水分は1日1.5リットル前後が目安。

今日は水分補給の重要性と1日に飲むべき水の量について調査しました。

人間の身体の60%が水分

そもそも、私たちの身体にはなぜ水が必要なんでしょうか。

それは私たちの身体の半分以上が水だからです。

生まれたばかりの赤ちゃんは体重の約80%が水。

だから赤ちゃんの肌はみずみずしくピチピチなんです。

しかし加齢やストレス、紫外線、睡眠不足などが原因で身体の水分保持力が低下し、身体の水分量は成人で約60%、高齢者では約50%まで減少します。

それでも、自分の身体の60%が水だと思うとなんだか不思議な感じがします。

身体の中にペットボトル15本分の水!?

身体の60%の水の量って想像つきますか?

例えば体重50キロの場合、50キロのうち30キロは水だということになります。

30キロの水ということは2リットルのペットボトルで考えるとなんと15本分。

自分の身体の中に2リットルのペットボトル15本分の水。。。

いったいどこにそんな水が!?と思いますよね。

水のほとんどは細胞の中にある

体内の約30リットルの水のうち、約22リットルは細胞内にある「細胞内液」として貯えられています。

残りの約8リットルは細胞外にある「細胞外液」として血液やリンパ液、細胞と細胞の間に存在する細胞間液などの体液となります。

細胞外液のうち、身体の隅々まで酸素や栄養素などを運んでいる血液はその約55%が「血漿」という液体でできており、その「血漿」の91%は水分です。

身体の中の水の働き

水は体内でただ貯蔵されているだけではなくさまざまな働きをしています。

溶媒

溶媒とは他の物質をよく溶かすこと。体内での水がいろいろな物質を溶かして身体に吸収しやすくする機能のことを言います。

人間は胃や腸の中で消化液を分泌し食物の栄養素を吸収します。さらに大腸の中で水分を吸収し、固形にして便として排泄します。

この分泌・吸収・排泄の全てが水の「溶媒」としての働きによるものです。

運搬

血液として酸素や栄養素を細胞ひとつひとつに運び、老廃物や二酸化炭素を体外へ排出する機能のことを言います。

人間は体内の水が不足すると、血液がドロドロになり運搬機能が十分に果たせなくなるため、酸素や栄養素が細胞に行き届かず、細胞が死んでいってしまうのです。

体温調節

水は皮膚への血液の循環を増やし、汗を出して体温を一定に保つ役割も担っています。

もし人間がまったく汗をかかなかったとしたら、じっとしているだけでも体温は40度を超え、すぐに生命の危機に陥ってしまうそうです。

1日に飲むべき水の量

では人間は1日にどれくらいの量の水を摂取しなければならないのでしょうか。

いつの間にか失われている水分

個人差はありますが体内の水分は尿や便の排泄によって毎日約1,300㎖が失われています。またそれだけでなく、無意識のうちに皮膚や呼吸からも約1,000㎖の水分が失われているため、1日あたり約2,300㎖の水が失われていることになります。

また夏の暑い日には大量の汗をかくため、4ℓ以上もの水分が失われることもあるのです。

1日に飲むべき水の量は約1.5リットル

1日あたり約2,300㎖の水が失われているということは、排出された分と同量の水分を補給しなければなりません。

人間は食べ物から毎日600㎖~1ℓの水分を摂取しており、また呼吸の際や代謝によって生じる水や摂取した食物の栄養素が代謝されるときに生じる「代謝水」によって約300㎖の水を摂取しているため、飲み物から摂取すべき水分は1日1.5リットル前後が目安となります。

水分が不足するとどうなるのか

水の排出量と摂取量のバランスが保たれることによって人間の身体は正常に機能しているためバランスが崩れると身体にさまざまな症状が表れます。

人間は体内の2パーセントの水が不足しただけで脱水症状が始まり、8パーセントが不足すると呼吸困難を起こします。さらに12パーセントの水が不足すると最悪の場合命を失うと言われています。

また身体の水分量が減ると動脈効果から起こる心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなり、命に関わる病気を招くこととなってしまいます。

生きた水を飲んで身体の中から健康に

人間の身体にとって水がどれだけ重要か、ご理解いただけたのではないでしょうか。

水は絶えず体内をかけ巡り体が正常に機能するように頑張ってくれているんですね~。

そう考えると体内に取り入れる水の「質」も当然重要なのではないかと感じます。

水選びのポイントは「非加熱」

スーパーやコンビニに行くといろんな水が売っていますが、商品ラベルに大事なことが書いてあるんです。

日本のミネラルウォーターは殺菌処理することが義務付けられており、ろ過や沈殿などの殺菌処理方法であれば水の成分が変化することはなく問題ないのですが、「加熱殺菌」をしてしまうと水の組成が変わり、活性が失われてしまうのです。

また水のおいしさの決め手となる酸素も炭酸ガスも失われてしまいます。

加熱殺菌によってせっかくの生きた水が死んでしまう、ということ。

つまり水を選ぶ際には「非加熱」と書かれていることが重要なポイントです。

pH値でアルカリ度をチェック

小学校の理科の授業で酸性かアルカリ性か、リトマス紙をつかって実験しましたよね。

そのものが酸性かアルカリ性かをはかるものさしが「pH値」です。

人間の身体はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれています。

しかし老廃物の排出が悪くなり、酸性に傾くと、疲れやすくなったり、様々な病気にかかりやすく治りにくくなります。

そのため身体をアルカリ性に傾けてくれる水を選ぶことも重要。

ラベルに記載してあるpH値を確認して、pH値が7.1以上の水を飲むことで、身体のpH値を弱アルカリ性に保つことも大切です。


以上、一日に摂るべき水の量についてお伝えしました。

身体の中の水分の働きについて理解し、自分にとっていい水を摂ることが大切ですね。

カルシウム水 命の硬水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です